腎臓病など病を治すホスピタル~病気撃退大作戦~

医者

クリニックを探す

病棟

世田谷区内で高齢者の在宅医療に対応したクリニックを探すときには、幅広い診療内容と緊急時の病院との連携に注目するべきです。またクリニックの日常的な診療は患者の病状管理が中心であり、訪問看護ステーションと連携することも多いです。

詳しくはコチラ

ぐっすりと眠るには

女性

なかなか眠りに就くことのできない不眠症は、体に大きく負担がかかってしまうほど辛い症状となります。その不眠症に効果を引き出してくれるものといわれるのがハーブでして、その香りが癒し効果を出してくれるのです。

詳しくはコチラ

最新の治療方法

病棟

血液クレンジングという治療法を行うことで細胞を活性化させることにより、体や血液の免疫力を高めるkとが可能となっています。また糖尿病やアトピーといった日本人の発症率が多い病気にも対応しているため、こういった点についても人気の要因となっています。

詳しくはコチラ

食事の摂取方法

腎臓病と蛋白質

椀と茶碗

腎臓病といっても様々な病気がありますが、蛋白質がポイントであります。人間が摂取する上で必要な栄養素のひとつである蛋白質ですが、腎臓病の患者さんは蛋白質を控える必要があると言われております。 「なぜ蛋白質を控える必要があるのか」ですが、腎臓は血液中の毒素を排出する器官でありますが、糸球体というザルの役目がある器官が、血液中の老廃物をのザルの目から落とし、必要なものは残します。腎臓病の患者さんは、このザルの目が痛んでおり、分子的に大きい蛋白質をザルの目から落としてしまいます。これが蛋白尿の原因であります。蛋白質を排出してしまうことでザルの目はより痛んでしまうことから、そもそも摂取する蛋白質を控えることが必要な訳です。 では、主食に多く含まれる蛋白質を控えるにはどうするかですが、日常摂取している食物には蛋白質を含んでいるものが多いです。しかし今では治療用特殊食品なるものがあります。ご飯やパンなどあらかじめ低蛋白質に加工したものです。最終的には組み合わせの検討は必要ですが、この治療用特殊食品を利用して調理することで、旨さやボリュームを得られることができ、腎臓病の進行を抑えることができます。

味付けとカロリー

蛋白質の制限しても実際の味付けにかかわる問題があります。それは塩分です。腎臓病は塩分を排出する機能がおちるため、血液中の塩分濃度が濃い状態になります。塩分濃度が濃くなると高血圧、身体のむくみが出現してしまいます。せっかく蛋白質を制限しても塩が濃い味付けにしてしまうことは無意味になってしまいます。今では減塩しょうゆなどもありますが、味付けを酸味や辛味を用いてみるのもポイントです。レモンや香辛料を用いてなるべく塩分を抑えた味付けにします。 また蛋白質を制限するとカロリーまで抑えてしまうことがあります。こうなると免疫力の低下を引き起こし、感染症などに罹患する可能性が高くなります。治療用特殊食品は低蛋白高カロリーに設定されているので、主食を中心に治療用特殊食品を利用することが重要であると言えます。